野菜不足の貴方に青汁

野菜不足の貴方へ

裸足で逃げ出すような高級抹茶でも味付けの抹茶風味や、青臭さを極力無くした現代の青汁でも、「飲みにくい」と感じられる方は多いようです。
野菜の風味が成人でも苦手な方だったり、特に、小さい子どもさんなどは青汁の味に拒否反応を示す方がいます。

 

冷静に感想をところが分析すると、青汁の味が問題ではなく、問題がその飲み方にある事があります。

 

例えば、粉末タイプの青汁が小さな子どもさんの場合、充分に水に溶けきらず、ダマになっている部分があると、ムセてしまうことが飲んでいる最中にあり、はき出してしまう事があるのです。

 

青汁の野菜としての風味をできるだけ感じさせない為に、冷水で撹拌したり、または氷を入れて飲む方法があります。
その飲み方がこの場合は、裏目に出たケースという事ができます。

 

最大限に努力をしてメーカーとしては水に溶けやすい形状の粉末に加工をしているのですが、充分な撹拌無しでは、さすがに冷水ではダマが残る商品もあるようです。最初にこのような場合、ごく少量にお湯で粉末青汁をペースト状に溶かし、冷水と氷をそれから注ぐという方法が良いようです。

 

風味が苦手という方に抹茶風味の青汁でもお勧めなのが、青汁を水以外の液体で溶かすという飲み方です。
含まれる脂肪分の甘さで、牛乳や豆乳などを使用すると青汁独特の風味がマスキングされ、感じにくくなります。

 

また甘味料も豊富に発酵乳飲料の原液などは含まれている為に、小さな子どもさんにも喜ばれる青汁ジュースを作る事ができます。
お勧めは野菜ジュースなどで割る方法もありますが、人によってはミカンジュースなどの柑橘系ジュースは、青汁の風味が強調されていると感じるかもしれません。

 

リンゴジュースは個人的にはお勧めで、かなり万人受けする青汁の飲み方になると思われます。

 

 

青汁を飲むことで、いろいろな栄養成分を摂取することが出来ます。このことから今現在ダイエットを実践されている方は、青汁を飲むことによって健康的に痩せるサポートをしてくれるのです。